キーエンスの事業内容や
会社概要のご案内

キーエンスの事業内容

ファクトリー・オートメーション総合メーカー
「キーエンス」について

キーエンスの事業内容について

キーエンスは1974年に設立以来、FA(ファクトリー・オートメーション)用センサをはじめ、測定器や画像処理機器などの付加価値の高い商品で“ものづくり”の現場を支え続けています。特定の業界に捉われずに“生産現場”という枠組みで生産性や品質の向上に取り組み、現在では自動車や半導体、電子・電気機器、通信、機械、科学、薬品、食品など業界問わず、と取引のある企業は25万社以上にのぼるグローバルカンパニーでもあります。

それらの付加価値の高い商品は、深い商品知識を持った営業担当者が生産現場に足を運び、お客様が抱えている課題をうかがい、さらに隠れたニーズに耳を傾け、それをもとに生まれた商品ばかり。キーエンスは単純に商品を開発し、販売するのではなく、実際に対話しながら生産現場の課題解決のソリューションを提案する会社です。

キーエンスが解決できること

キーエンスは業界を問わず、さまざまな生産現場で「生産性の向上」「工程改善」「自動化」「品質向上」「安全性向上」「環境対策・省エネ」などの課題を解決してきました。こちらでは、キーエンスが実際に解決した課題も交えて事業内容をご紹介します。

  • 生産性の向上
    生産性の向上

    例)半導体・液晶業界

    ウエハのノッチ位置の検出を自動化。高精度なセンサを用いることで正確性と生産性が向上しました。

  • 工程改善
    工程改善

    例)自動車業界

    従来は手作業で行っていた自動車のドア・フードの組み付け後の溝幅測定を自動化し、工程改善した事例です。

  • 自動化
    自動化

    例)電機・電子業界

    基盤のバーコードをセンサで読み取り、シリアル番号の管理や検査を自動化しました。

  • 品質向上
    品質向上

    例)食品・薬品業界

    画像センサを用いてパッケージに印字された賞味期限や不良の有無を検査し、品質向上を実現しました。

  • 安全性向上
    安全性向上

    例)金属・鉄鋼業界

    生産現場にセーフティレーザスキャナを設置し、監視することで事故防止・安全性向上した事例です。

  • 環境対策・省エネ
    環境対策・省エネ

    例)科学・プラント業界

    データロガーを用いれば工場内のエネルギー使用量を記録でき、省エネ対策にも貢献します。

そのほかにも、身近なところでは店頭や倉庫などで商品管理・売上管理に用いられている「ハンディターミナル」、試作期間を大幅に短縮して開発スピードを高める「3Dプリンタ」、消えない刻印で部品管理を確実にする「レーザマーカ」などもキーエンスのソリューションの一部です。

  • ハンディターミナル
    ハンディターミナル
  • 3Dプリンタ
    3Dプリンタ
  • レーザマーカ
    レーザマーカ